こんにちは。広報部の土田です。
雨が降って一気に冷え込みましたね。温かいほうじ茶が身に沁みる季節になってきました。
風邪を引かないように気を付けてお過ごしくださいね。
 

さて、今回は10月14日に開催されました、社内行事の第三回中期経営方針説明会についてお話しをさせていただきます。

弊社では経営理念と価値観を社員全員でしっかりと共有することを目的として、経営方針の説明会を開催しています。
会場はアゴーラ リージェンシー堺というホテルでした。
弊社社員とパート社員が集まり、ご来賓の方もお迎えしました。
今回は私も、この一大プロジェクトを動かすメンバーとして参加させていただきました。
 
■プロジェクトメンバーとして土田も参加しました!
新入社員でもこのような大きなプロジェクトに関わることができるところも、弊社のいいところです。
当日まで各課協力し合い、スケジュール設定や資料作成・ネームプレート制作や原稿執筆等の準備を進めていきました。
説明会当日、開催一時間前に現地へ到着し、力を合わせて会場の準備をしました。
 
■いよいよ開催!
緊張の瞬間がやってきました。
社員やご来賓の方を迎え、第三回中期経営方針説明会が始まりました。
私は司会進行役という大役を任され、僭越ながら進行させていただきました。

弊社代表の三嶋から平成29年度の振り返り、そして今期の経営方針の説明がありました。

社員一同が更に一丸となり、よりお客様のQOL向上を目指す。全員が自社の使命を確実に認識し、社会貢献を行っていく。平成30年度の想いとして「大人」な会社を目指す、という方針を示されました。

また、代表の三嶋はお客様から頂いたお手紙を読み上げたあと、このような印象に残る言葉を語りました。
 

苦しみ、助けを必要としている方がたくさんいること

スタッフ全員、ひとりひとりの仕事ひとつひとつが患者さんへ

つながっていること

三嶋商事の全てのスタッフの使命は「より多くの人を救う」ということ

「ただ業務をこなすこと」が仕事の本来の目的ではないこと

三嶋商事に「単なる作業員」は一人もいないということ

私たちの事業は誰かの命を支えているということ、私たちの届ける商品を食べることによって、救われる人がいるということを改めて感じました。
中期経営方針説明会は第一部の方針発表・表彰式、第二部のご歓談・ミニゲーム・表彰式と盛りだくさんなスケジュールでした。最後は全員で記念撮影を行い笑顔で終了しました。

この説明会で社員の今期の目指すべき目的意識が明確になり、社員一丸へと近づけたのではないかと思います。