活動内容

ビースタイルにて、お客様から直接注文を受けて商品を発送しているが、
本当に必要な方に適した商品が届いているのか?
この疑問は通信販売部門が拡大する中、常に存在する問題でした。
医療従事者に関わっていただき、より適切な商品を届ける事ができないか?
そんな時「栄養ケア支援システム」という仕組みを拡げようと活動されている法人と
の出会いがあり、その取り組みが進むにつれ、高齢者の低栄養予防コンソーシアム
大阪の事務局への打診があり、参加することにしました。

参加する理由

ビースタイルにて、お客様から直接注文を受けて商品を発送しているが、
本当に必要な方に適した商品が届いているのか?
この疑問は通信販売部門が拡大する中、常に存在する問題でした。
医療従事者に関わっていただき、より適切な商品を届ける事ができないか?
そんな時「栄養ケア支援システム」という仕組みを拡げようと活動されている法人と
の出会いがあり、その取り組みが進むにつれ、高齢者の低栄養予防コンソーシアム
大阪の事務局への打診があり、参加することにしました。

参加することによって

国の方針も「多剤抑制し、健康になって頂き医療費を抑制する」という方向に変わってきており、
徐々に大事な取組みなのだと理解する方が増えてきました。
まだまだ先は長いかもしれませんが、逸早い普及に力を注ぎたいと考えています。

どのような使命感をもって活動しているのか

薬の多剤を減らし、国の医療費も抑制につながるこの活動は、
当社の理念とも重なります。
理念達成のためこの活動を行うのは必然と考えています。

今後の展望

任していただいたコンソーシアム大阪を始動し、
活動の輪を拡げ、より多くの一般市民の方々に栄養の大切さを
理解してもらうことが大変重要になります。
代表世話人である近畿大学薬学部の和田先生を中心に、
産学官連携をより強固に進めていく計画です。

高齢者の低栄養予防コンソーシアム 大阪http://zaitakueiyou.net/