この度、弊社では在宅介護をしている日本全国の30歳以上の男女5,000名を対象に、在宅介護の現状・介護食作りにおけるストレス度合いなど介護食についてインターネット調査を実施しました。

調査結果では約5割の方が介護食作りに負担を感じていると回答

介護食作りは間接介助の中で最もストレス度の高い介助行為という事がわかりました。市販の介護食利用が在宅介護の負担を軽減するポイントになるのではと考えています。

 



トラックバック

トラックバックURL: