代表の三嶋です。
奄美大島って、行かれたことはございますか?
鹿児島県ですが、場所は鹿児島よりもっと南にあり、沖縄よりは少し北に浮かぶ大きな島です。
縁あってこの島と出会い、はじめて訪れたときから奄美が大好きになりました。

今回はそんな奄美大島に、私が社外活動として参加しているミライ企業プロジェクトを繋いでみました!
大阪の企業と奄美大島の企業が交流すれば、どんな化学反応が起きるのか!?
企画から全て担当した2泊3日のプレミライスタディツアーin奄美大島をお伝えします!

11月10日(日)AM
大阪から来る参加メンバーを空港までお出迎えに。
私は前入りし大型のレンタカーを借りて皆様を待っていました。
今回の参加者は私を含めて計8名。
ミラプロの代表を含めた事務局側が3名。
ミラプロの初期から一緒に世話人をしている社長さん1名。
そして、なんと今回は私のもう一つの社外活動、日本介護協会に関わる3名の仲間が参加してくれました。

さっそく、全員をピックアップしてまずは昼食。
奄美大島の名物「鶏飯」で有名なひさ倉に案内しました。
全員口を揃えて「美味しい」を連発。案内してホッとしました。

11月10日(日)PM
昼食後は目的地まで約60kmのドライブ。
時間に少し余裕が出来たので、マイナスイオンたっぷりの「アランガチの滝」に立寄りました。

  

そして本日の目的地、奄美大島開運酒造さまの宇検村工場に到着。
すると、優しいお顔の管理部部長、津曲さんが工場見学に案内してくれました。
日本では唯一ここ奄美大島でしかつくる事ができない黒糖焼酎。
原料から商品になるまで一通り丁寧に教えてくれました。
なかでも有名な「黒糖焼酎れんと」の製造方法には一同驚き!?
工場内に響き渡るクラシック音楽。クラシックを聞かせて「れんと」は音響熟成されます。
聞かせるというよりも振動させるのが正解とのこと。
クラシックは低音から高音まで幅広く使われているので、その振動ゆらぎが熟成に影響を与えるそうです。
工場見学後、たくさん試飲もさせてくれます。
みなさん満足そうでした。

  

  

  

その後、1日目メインである奄美大島開運酒造さまの企業としての取組みを聞かせて頂きました。
プレゼンターは今回のツアーで奄美のホスト役を引受けてくれました、奄美大島開運酒造の常務取締役 泊(とまり)さんです。
実は奄美大島で焼酎造りは一番の後発とのこと。
なぜ焼酎造りに携わったのか、そしてここまで広げることにどんな苦労があったのか、また今後の展開はこんなことを考えているとか。会社を経営する者としては非常に参考になるお話をたくさん頂けました。
なかでも創業者の熱い想いは、本当にどの企業も凄いと思わせる共通点があります。
ゼロから一をつくりあげ、雇用を創出する。
なかなかできる事ではありません。わたしも改めて先代に感謝と尊敬を感じました。

 

1日目の宿は工場に隣接する奄美大島海運酒造さまが運営する「やけうちの宿」コテージもあり家族でのんびりと過ごせるお勧めの宿です。
郷土料理の夕食、朝食付きで宿も綺麗でお値段も格安。
夜は周りが真っ暗になりますので、星がたくさん見られるスポットです。
残念ながら当日は満月の月あかりで満天とはいかなかったですが、それでも星が綺麗でした。

part2に続く…

 猛暑もやっと過ぎ、過ごしやすい季節となりました。

ただ近年の天気は非常に変わりやすく、
くれぐれも体調には気を付けていただきたいと思います。

さて今回は弊社運営のネットショップ『ビースタイル』で
人気の「低たんぱくパン食べ比べ 5種セット」をご紹介いたします。
「低たんぱくパンはケース注文だからまずは試したい。」
「種類がたくさんあって何から買えばいいかわからない。」
そんなお客様の声からうまれたセット商品です。
そこで今回はパンの調理方法別食べ比べをレポートしたいと思います。
それぞれ電子レンジ及びトースターで加熱することが可能です。
商品内容はこちらです。



電子レンジで調理した場合、
少しふわっとした食感となりましたが、やや癖の残る味となりました。
トースターで調理した場合、
一般的なパンと比べカリっとした食感となり、癖もほぼ残らず食べやすかったです。

電子レンジで調理した場合、
非常にもっちりした食感となり、サイズ以上の食べ応えがありました。
トースターで調理した場合、
素朴な味わいとなり非常に食べやすく、バターやジャムをつけても美味しいと思いました。

3つ目は「越後の食パン」です。


電子レンジで調理した場合、
もっちりした食感となり、癖もほぼなくそのまま食べても十分美味しかったです。
トースターで調理した場合、
加熱後に香ばしい香りがあり、個人の感想として一番美味しく、一般のトーストにも劣らない印象でした。

4つ目は「越後の丸パン」です。

電子レンジで調理した場合、
ずっしりした食感で食べ応えは一番ありました。ただわずかに癖の残る味でした。
トースターで調理した場合もずっしりした食感は健在で食べ応えがありながら
電子レンジよりも癖が残らず美味しかったです。

最後は「越後のバーガーパン」です。

電子レンジで調理した場合、
ふわっとした食感となり、美味しかった。ただ側面がやや水っぽくなってしまうのが難点。
トースターで調理した場合、
癖がほぼなくやさしい味わいでした。次回はハンバーグを挟んで食べてみたいと思えるほど美味しかったです。

まとめ
トースターで調理した場合、全体的にカリっとした食感となり、
低たんぱくパン独特の癖のある風味が軽減でき食べやすくなる印象でした。
電子レンジで調理した場合、全体的にふんわり、もっちりした食感となり、
食べ応えが増した印象、ただレンジの調理時間は気持ち短めのほうが良いかもと感じました。

わずか5種類の低たんぱくパンでもそれぞれ個性があり調理方法によっても違った味わいとなりました。
ぜひ当ブログをみて興味を持っていただけましたら、お試しください。

代表の三嶋です。

本日10月8日は弊社の創業日になります。
1982年に創業し今年で37年。そして38期目がスタートしました。
これもひとえに、いつもご利用頂くお客様のお陰でございます。
いつも弊社をご利用頂き誠にありがとうございます。
そして、仕入先様・社員の皆さん・会社運営に関わる皆々様のお陰です。
本当に感謝申し上げます。

先日10月5日(土)に第5回中期経営方針説明会を開催させて頂きました。




この会は5年前より行っています。
私が先代から事業を引き継ぎ16年。
社員も徐々に増え、社員と会社の方向性をより強めたい。
そして、1年間頑張った社員を表彰したいと思い始めました。

1回目、2回目は社員だけで開催。
3回目から普段お世話になる他業種の会社社長を招き、昨年より取引銀行様にも参加して頂いています。

 

参加した皆様からは
「素敵な社員さんがたくさんいらっしゃいますね」
「毎年進化し続けていますね」
「社員さんがパワーがあり素晴らしいですね」
などなど、たくさん嬉しいお言葉を頂きました。

 

いや~手前味噌ですが、本当に最高の社員ばかりで私の自慢です!

会社主催のイベントは4つあります。
・新年会
・研修旅行
・BBQ
・中期経営方針説明会

どのイベントも正社員が企画・運営を担当してくれています。
毎年、前年を上回る企画力・団結力を見せて頂き、本当に頼もしく感じています。
今年も2部ではゲームがありました。
内容はチームに分かれてけん玉で得点を競うゲーム。
たった6本ほどの100均で買ってきたけん玉でこんなに盛り上がるとは思いませんでした。
やはりお金ではなくアイデアですね!

 



そんな社員たちとまた新たな期をスタートできることは本当に幸せ者です。
われわれの使命「地域医療に貢献できる企業になる みんながハピネス」を目指し、
これからもお客様のQOL向上に向け、一致団結して努力してまいります!
今後とも三嶋商事をどうぞよろしくお願い致します。



 直接販売担当の三四です。
95日(木)・6日(金)に開催された高齢者住宅新聞様主催の「住まい×介護×医療展」に出展してきました。

当日は展示ブースの他にもセミナーやシンポジウムなどを通じたイベントを開催し様々なソリューションを提供していました。

介護系の出展企業は約40社で治療食専門の食品会社は弊社だけでした。

来場者数 合計 1,235

95日(木)580人、96日(金)655人)




PR商品の中心はやはり

PB商品のである「みしまのたんぱく質調整米1/50みしまの御膳ほのかです。
試食の提供まではできませんでしたが、多くの方に食の大切さ重要さをPRできました。

 

まだまだ治療食の認知度は非常に低いと感じました。
介護、医療従事者に向けたPR活動がもっともっと必要ですね。
国は病気になる人を減らすために栄養状態の維持そして予防の分野に着目しています。
病気になってから治療するという流れではなくなっていきている時代です。
三嶋商事の展示ブースでは商品だけではなくフレイルや脱水に関しての情報提供、小冊子の配布を随時行っております。次回ブースにお越しの際は是非ご利用ください。

 8月も半ばを過ぎ、子供たちの夏休みもあと10日となりました。

皆様のお盆休みはいかがだったでしょうか?
帰省、旅行、お墓参り、もしかしたら家でゆっくりと十人十色だったでしょうね。
私はと言いますと、子供の夏休み工作の宿題を手伝っていました。
(ほとんど私が作りましたけど・・・)


そんな中、リハビリテーションに従事する妻からの宿題も追加となり、
三嶋商事でも取扱っているリハたいむゼリーについての調査を手伝う事となりました。
リハビリテーションでは運動と併せて栄養を摂取することが重要であり、
必要な栄養をタイミング良く摂取する事で効率的な運動機能の回復につながります。



今回はマスカット味で早速、試食を行いましたので簡単な説明をします。
内容量:100Kcal/120g
たんぱく質量:10g/袋
BCAA:2500mg/120g(うちロイシン1400㎎含有)
ビタミンD:ビタミンD800IU(20μg)
水分:95g
容器に移す際に、3,4滴の水分は出るものの、
ゼリー状からある程度出口で細かく砕かれます。
食感としてはムースとゼリーの中間程度でしょうか。
噛む必要はなく容易に飲込めました。



味の方はマスカット風味で少し酸味がありますが美味しいです。
ただ、飲込んだ後に少し喉に味が残る感じがします。
BCAA特有の苦みが少なく運動後には大変飲みやすいのではないでしょうか。
まだまだ暑い日が続きますが、運動後に手軽に水分補給が必要な方は一度お試しください。
今回は、病院で実際に患者様に勧める観点で弊社の取扱い商品を家庭で調べられる範囲で試食や資料調査を行いましたが、既往歴により個人差がありますので
ご使用の際には必ず医師・栄養士の指導に従って使用してください。